さいたまトリエンナーレ2016


2016年12月11日(日)は「さいたまトリエンナーレ2016」で行われたタケカワユキヒデコンサートと出演者全員でのフィナーレでギターを弾いてきた。会場は私用も含めると今年2度目の「さいたま市民文化センター」。

 

今回の立ち位置はセンター寄り。つまりボーカルのタケさんに近い。
そんな時に限って珍しいハプニングがあったが、そのままでは曲をスタートできないし、気心知れたバンドのメンバーやスタッフならではだが、近くにいる自分が対応しちゃうのもアリなので黒子役を買って出てしまった(笑

まぁ、モンキーマジックの時のMCで「アレがない…」と言えばわかってしまうお客さんもたくさんいると思うんだけど事情を知らないお客さんもいることだしOKでしょ。

先月の夢KANAはゲストも入っていつもと違う編成とメニューで楽しかったけど、和田さん(キーボード)がいるとよりロック度が増して本番も盛り上がる。楽屋もか(笑)
そんなバンドスタイルのライヴは自分にとって今年のラストだったが全体を通しても後味の悪くないイイ内容のライヴだった。

 

しかし、相変わらず会場入りの時間が読めない。
現地近くのコンビニでコーヒーを飲みながら小一時間潰したうえ、30分ほど前に会場入り。

のろのろと搬入してもまだ余裕があったので一番乗りした昔ながらの小上がりな楽屋でも鏡自撮りでカシャリと記念撮影!(笑

 
2016.12.14追記
FBフレンドさんから情報を頂きました。
読売新聞(YOMIURI ONLINE)や新聞の地域版に写真付きの記事が掲載されています。