音楽の捧げ物 より No1 『三声のリチェルカーレ』

1747年、春 バッハはポツダムのフリードリッヒ大王に招かれ演奏をしました。
その折り、王からテーマを与えられ即興演奏をすることになります。
「音楽の捧げ物」はその時の即興演奏をもとに、2カ月後、王に献上された曲です。
三声のリチェルカーレは王のテーマをもとにフーガ形式で作曲されています。
ただ、テーマ自体がストレッタに不向きであるため、通常のフーガとは異なった
処理がされています。



(フリードリッヒ大王の前で演奏するバッハ)