音楽の捧げ物 より No5  六声のリチェルカーレ

フーガ形式で書かれています。
音楽の捧げ物の中で最も大きなスケールの曲です。
王の「6声のフーガを両手でひけるか?」という問いにバッハが答えた曲と
いわれています。
19世紀になってウェーベルンがオーケストラ版の編曲をしたり、その他
弦楽合奏などでよく演奏されますが、もともとは上記の理由でチェンバロや
オルガンで演奏されるべき作品なのだと推測されます。
ただ、個人的にはウェーベルンの編曲は大好きで、
いつかデータを作ってみたいと思っています。



(フリードリッヒ大王の前で演奏するバッハ)