音楽の捧げ物 より No9 無窮カノン

とても表情豊かな美しいカノンですね。
この曲はよく手紙の中の、
追伸にたとえられるようです。
まさに全曲を終える時にさり気なく、
王に感謝となつかしさを込めて
作られたようにも、思われます



(フリードリッヒ大王の前で演奏するバッハ)