KMC History

大学 (第19回) 春季大演奏会

1923(T12)年05月20日(日)14:00開演
会場:慶應義塾 大ホール hall:Keio University Auditorium 
指揮:宮田 政夫 cond: Masao Miyata 

第1部


ラヴィトラーノ
Hyacinthe Lavitrano
序曲「レナータ」
Renata , ouverture

マンドリン(3)・マンドラ四重奏

坂田、島崎、柴田、山口 Sakata, Shimazaki, Shibata, Yamaguchi

ボッタキアリ
Ugo Bottacchiari
落葉
Cadon le foglie , pensiero melanconico

ボッタキアリ
Ugo Bottacchiari
五月の夕べ
Tramonto di maggio

メンデルスゾーン
Jacob Ludwig Felix Mendelssohn-Bartholdy
無言歌
Lied ohne Worte
【管理人メモ】 候補2曲(イ長調、ニ長調)あり。どちらか不明

アルト独唱

ゲスト:中島 カヨ子(アルト) guest: Kayoko Nakajima (Alto)
前田 峯子(ピアノ伴奏) Mineko Maeda (Piano)

サン=サーンス
Charles Camille Saint-Saëns
歌劇「サムソンとデリラ」より "あなたの声にわが心は開く"
Mon cœur s'ouvre à ta voix - "Samson et Dalila" , op.47

ゴダール
Benjamin Louis Paul Godard
歌劇「ジョスラン」より "子守歌"
Berceuse - "Jocelyn"

マンドリン独奏

宮田 政夫(マンドリン独奏) Masao Miyata (Solo Mandolin)

ラニエリ
Silvio Ranieri
「マンドリン協奏曲 ニ長調」第2楽章
2nd mov. - Concerto in Re maggiore
宮田 政夫(マンドリン独奏) Masao Miyata (Solo Mandolin)

ブラッコ
C.(Carlo) Adolfo(Alberto) Bracco
交響的小品「マンドリンの群れ」(マンドリンの集い!)
I Mandolini a congresso! , pézzo sinfonico

第2部


グラツィアーニ=ワルテル
Carlo Graziani-Walter
瞑想曲「ダンテとベアトリーチェ」
"Dante e Beatrice" , meditazione , op.134

女声二重唱

ゲスト:黄 熙文 guest: ? Ou
ゲスト:中島 カヨ子(アルト) guest: Kayoko Nakajima (Alto)
前田 峯子(ピアノ伴奏) Mineko Maeda (Piano)

メンデルスゾーン
Jacob Ludwig Felix Mendelssohn-Bartholdy
「6つの二重唱曲」より
6 Duette , op.63
5. 民謡(ああ、もし君が寒風に吹かれているのなら)
Volkslied (O säh ich auf der Heide dort(, im Sturme dich...) / Oh wert thou in the cauld blast(, on yonder lea...))
【管理人メモ】 記録では「お!私は其処の森から眺めました(メンデルスゾーン)」との記載。
【管理人メモ】 詞は Robert Burns (1759-1796)の英語詩を Ferdinand Freiligrath (1810-1876)がドイツ語訳したもの。「Heide/lea(荒地、草原、野原)→森」の誤訳と判断。
4. 秋の歌
Herbstlied

マンドリン四重奏

加納 徳三郎 Tokusaburo Kanou
清水 保 Tamotsu Shimizu
内田 寅夫 Torao Uchida
三野村 清一郎 Seiichiro Minomura

ムニエル
Carlo Munier ([as] Mario Cluner)
四重奏曲 ニ長調
Quartetto in Re maggiore , op.128

ピアノ独奏

ゲスト:バルダス(ピアノ) guest: ? Bardas (Piano)

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調「熱情」
Sonate für Klavier Nr.23 'Appassionata' , op.57
1. アレグロ・アッサイ
Allegro assai
2. アンダンテ・コン・モート
Andante con moto
3. アレグロ・マ・ノン・トロッポ - プレスト
Allegro ma non troppo - Presto

KMC History