表紙
りんたろう
ギターいろいろ
コンサート
ディスコグラフィー
レッスン
アンサンブル
数学と音楽
お問い合わせ

Youtube
Facebook
日本語
Français
English
copyright 2011 : Rintaro Nishigaki
http://fweb.midi.co.jp/~rintaro
ルネッサンスギターバロックギターロマンティックギターモダンクラシカルギター
ロマンティクギター(19世紀ギター)
 文字通り、19世紀のロマン派の時代に相当な勢いで普及した楽器です。バロックギターに本来複弦で2本セットで張るのを1本にした、所謂5弦単弦の楽器がイタリア、フランスを中心に使われるようになったり、6コース12弦のバロックギター的な楽器がスペインを中心に使われたりという過渡期を経て、ソル、ジュリアーニ、カルカッシ、アグアド、コスト、メルツなど多くのギタリスト、作曲家がヨーロッパ中で活躍する頃にこのスタイルの楽器の形が大凡定まりました。また、ギター以外の作曲家でもパガニーニ、ベルリオーズやシューベルトなどはギターが弾けたそうで、中にはギター曲を残している人もいるだけでなく、他の楽器の作品からもギター的な香りのするものが多くあります。彼らが所有したギターもこのモデルのものです。


楽譜 ギター版PDF|JPG オリジナル ヴィオラダガンバPDF|JPG 通奏低音PDF|JPG